So-net無料ブログ作成

第108b回ワイン会 [Y氏ワイン会]

2009年10月16日(金)
時間 19時半開始
参加人数14名

ボルドー五大シャトー1975水平です。
【ワインリスト】
1.クリスタル・ブリュット・ヴィンテージ 1983 / ルイ・ロデレール
2.Ch.オー・ブリオン ブラン 1984
3.Ch.モンブスケ ブラン 1998
4.Ch.マルゴー 1975
5.Ch.ラフィット・ロートシルト 1975
6.Ch.シュヴァル・ブラン 1975
7.Ch.ムートン・ロートシルト 1975
8.Ch.オー・ブリオン 1975
9.Ch.ラトゥール 1975
10.Ch.レイモン・ラフォン 1975
第108b回.JPG

クリスタル・ブリュット・ヴィンテージ 1983 / ルイ・ロデレール(PN55%, Ch45%)
108b-1.jpg 108b-2.jpg
泡はまだとても元気。
熟成の素敵な香り。火打ち石。
時間がたつと、どんどん甘い香りが立ちこめる。
最後にグラスが空になってもまだ甘~い香りが残っています。ゴージャス!
味は酸味が生き生きとしていて、甘さの要素が抜け落ちた感じ。

Ch.オー・ブリオン ブラン 1984(Se63%, SB37%)
108b-3.jpg 108b-4.jpg
香りが完璧。
セミヨンからくる甘いブーケも感じとれます。
たぶん飲み頃のピークは過ぎてしまっている。
でも、柔らかくてやさしい味わいがチャーミング。

Ch.モンブスケ ブラン 1998(SB70%, SG30%)
108b-5.jpg 108b-6.jpg
粘性が強く、ラルムは脚長。
樽香が強い。
ほのかにゴマの香り。
ボディは厚くボルドーらしい。
酸味は…ないに等しい(笑)

Ch.マルゴー 1975(CS75%, M20%, PV7%, CF3%)
108b-7.jpg 108b-8.jpg
湿った布と雨の怪しい香りが…。
不安だ。
味も若々しい感じなのに…もしや。

Ch.ラフィット・ロートシルト 1975(CS70%, M25%, CF3%, PV2%)
108b-9.jpg 108b-10.jpg
黒土とチョコレートの香り。ちょっとメンソールのタバコっぽい。
ボルドーらしく、しんねりムッツリとしたキャラクター。
こまやかでシルキーなタンニン。
まだ熟成を続けていけそうだけれど、いま飲んでも充分に美味しい。

Ch.シュヴァル・ブラン 1975(CF66%, M33%, MB1%)
108b-11.jpg 108b-12.jpg
セパージュの違いゆえか、本日の他の赤ワインとは一線を画する。
しかし、ここにもまたわずかだが怪しい香りが(苦笑)
わたしはボルドー右岸(とくにフロンサックあたり)にこの香りを感じることがよくあります。
(もしかしてカベルネフランの香り?)
色も香りもブラックコーヒーのイメージ。

Ch.ムートン・ロートシルト 1975(CS80%, CF10%, M8%, PV2%)
108b-13.jpg 108b-14.jpg
1級シャトーの仲間入りをしてから2年目のムートン・ロートシルトです。
美味しそうな黒土の香り。
味は収斂性があり、タンニンが強い。渋みもある。
でもボルドーらしい魅力にあふれたムートン。
いつもじゃじゃ馬でバランス悪いことが多いムートンにしては、いい子さんでした。

Ch.オー・ブリオン 1975(CS45%, M37%, CF18%)
108b-15.jpg 108b-16.jpg
透明感のある、きれいなルビー色。ブルゴーニュみたい。
熟成エレガント。
メルロー比率が高いからでしょうか。
本日のわたし好みNo.1

Ch.ラトゥール 1975(CS85%, M14%, PV1%)
108b-17.jpg 108b-18.jpg
さらりと水っぽい香り。
いつも、いつ飲んでも美味しい“期待のエース”ラトゥール、もう落ちちゃったのかしらん。
と思いきや、味はまだまだ元気(味から判断するとむしろ若い?)
香りと味の印象がアンバランス。

Ch.レイモン・ラフォン 1975(Se80%, SB20%)
108b-19.jpg 108b-20.jpg
アカシアのような植物系+ソーテルヌ特有のハチミツの香り。
きれいな味のさっぱり系ソーテルヌ。
何よりも最高のデザートです。

【お料理】
いろいろ野菜のテリーヌ グリーンマスタードとバジルのソース
108b-21.jpg

スフレ&フランスパン
108b-22.jpg 108b-23.jpg

生ハムとトマトを使ったシーザーサラダ
108b-24.jpg

A1ビーフ ポーチドエッグ マスタードソース
108b-25.jpg

生ハムのピッツァ
108b-26.jpg

エゾ鹿のステーキ
108b-27.jpg

3種盛りチーズ(カマンベール、ブルー、サンタンドレ)&コーヒー
108b-28.jpg

1975年の五大シャトーというのは、これほど個性が異なるものだったのかと驚きました。
近年のほうが全体に同じ方向を向いているような気がします。

【アンケート結果】(14名参加で、1人持ち点10点)
1位 27点 Ch.シュヴァル・ブラン 1975 
2位 25点 Ch.オー・ブリオン ブラン 1984 
3位 24点 Ch.オー・ブリオン 1975 
4位 17点 Ch.ラトゥール 1975 
5位 16点 Ch.ラフィット・ロートシルト 1975 

【わたしの配点】
3点 Ch.オー・ブリオン1975
3点 Ch.ラフィット・ロートシルト1975
1点 Ch.ラトゥール1975
1点 Ch.ムートン・ロートシルト1975
1点 Ch.オー・ブリオン ブラン1984
1点 ルイ・ロデレール クリスタル 1983

【他の回のアンケート結果Best3】
(ただし、ヴィンテージと五大シャトー以外のラインナップに多少の違いあり)

第108a回
①Ch.ラフィット・ロートシルト 1967
②Ch.オー・ブリオン ブラン 1984
③Ch.オー・ブリオン 1967

第108c回
①Ch.ラフィット・ロートシルト 1967
②Ch.オー・ブリオン 1967
③Ch.ムートン・ロートシルト 1967

第108d回
①Ch.ラフィット・ロートシルト 1975 
②Ch.シュヴァル・ブラン 1975 
③Ch.オー・ブリオン 1975
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。